So-net無料ブログ作成
検索選択

日本語を話す勉強したことある? ないなら英語も話す勉強しなくていいハズ!

スポンサードリンク





2014-10-13.jpg
そもそも、いつから日本語が話せるようになったんだろう?

日本語を話せるようになるために、何か勉強したっけな?



小学校の時に日本語の国語の勉強はしたけれど、

小学校入学の時にはすでに、日本語は話せていたし。




保育園や幼稚園の時に、ひらがなの書く練習はしたけれど、

その時にはすでに、あ・い・う・え・お はちゃんと話せていたし。




生まれてから5年経ったころには、ある程度の日本語は話せていた。

世界の言語のなかでも難しいと言われる、あの日本語を話せるようになっていた。



日本語をマスターするためのスクールに通ったワケでもなく、

何かの教材で日本語を勉強したワケでもなく、

専門家に教えてもらったワケでもなく、日本語が話せるようになっていた。

それも、ろくすっぽな知識も持たない幼少期の頃に。




同じように世界では幼くして英語が話せる人がたくさんいる。

英語を母国語・公用語とした国では、幼い子供は当然英語を話せている。



米国、イギリス、オーストラリアはもちろん、

フィリピン、シンガポール、ジャマイカの人だって英語を話す。

インドにしたって英語は準公用語だし、

南アフリカ共和国をはじめとするアフリカでも、

英語を公用語としている国が多くある。



さらに、2つ以上の言語を公用語としている国も多くある。

ヨーロッパの国では、英語を含めた複数の公用語が使われている。

アフリカのカメルーンだって、公用語はフランス語と英語だ。




よ~く考えてみると、日本以外の多くの国の人たちは

すでに英語を話せるようになっている




クーデターや革命、戦争などが勃発しない平和に日本にいるってことは、

学習する環境は他の国と比べて整っているんだよね。

ただ「時間がない!」という言い訳をしているだけで。




それならば、日本人は英語を話せるようになっても不思議じゃないハズ。

それもお金をかけずとも、英語を話せるにハズだよね。




だったら、やってみよう。

今までできなかった理由をいろいろ言い訳してきたけど、

今度こそ英語を話せるようになるんだ!

んで、とりあえずは TOEICのテストを受けてみる!


TOEIC ブログランキングへ

スポンサードリンク





スマホの無料アプリで英語勉強!目標TOEIC800点

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。